スキューバダイビングの ダイビング ログブックについて

 

ログブックとは、自分のダイビングの記録を残すために使用します。

今までのダイビングの内容が、ログブックを見ると誰でもわかるような書き方が望ましいです。

ダイバーにとってログブックは、ダイビングの経歴書みたいなものです。

そんなログブックについて、今回は紹介していきます。

 

ログブックの 使い方

 

ダイビングでは、これからのダイビングをより安全に楽しむ為に、ログブックに詳細な記録を残していきます。

ここでは、ダイバーがログブックを使い、記入しなければならない内容を紹介します。

 

・ダイビング本数 (今までのダイビング経験数)

・日付 

・ポイント名 (ダイビングした場所)

・エントリー時刻 (潜水開始時間)

・エキジット時刻 (潜水終了時間)

・水温や気温 

・ダイブタイム (潜水時間)

・最大深度や平均深度

・使用タンクの種類(エアーの種類やタンク自体の重さなど)

・空気残量

・海況状況

・透明度

・スーツの種類(どのスーツを着てダイビングしたか?)

・ウエイト量 (ダイビングで使用した重りの数)

・バディーサイン(一緒にコンビを組んで潜った人の名前)

・インストラクターサイン

 

ここまでが、ダイビングで記入する基本的な項目になります。

これを見るとわかるように、ログブックを忘れてしまうと、過去の情報がなにもありません。

ダイビングに参加する際は、ダイビングライセンスとログブックは、必須アイテムになります。

忘れずに 海に持っていけるように、両方セットで保管することをおすすめします。

 

思い出 ログブック

 

インストラクターサインをする時に、個性的で、楽しいログブックをよく見ます。

最近のログブックは、ダイビングの記録だけではなく、思い出ブックとしても活用しているダイバーが多いです。

その日見た魚を、絵や写真でログブックに記入しているお客様も少なくありません。

ダイビングの楽しさが蘇るような 楽しいログブックを見るのも、ダイビングの楽しい時間の一つです。

ログブックは、基本的な情報の記入漏れがなければ、使い方は自由です。

ログブックをアレンジして、ログづけ(記入の時間)も楽しめるようなログブックが増えると嬉しいです。

 

成功したことよりも 失敗したことを書き残しておく

 

ログブックは、記入された情報を使い、安全にダイビングを楽しむために使用します。

そのため、嬉しかったことはもちろん、気がついたことも記入しておくことがおすすめです。

例えば、自分が苦労したダイビングスキルの内容・やり方、ダイビングで忘れがちな言葉や注意点など、初心者の方は特に記入する内容が多いかもしれません。

他には、ダイビングポイントにギリギリで到着して準備に余裕がなかったという時は、朝起きた時間や電車に乗った時間などを記入しておくのもいいと思います。

最近は 携帯にダイブコンピューターのデータをとばして保存できるアプリが主流です。

本数が増えたときには すべてを持ち出すこともないので、とても便利なため多くの方が利用しています。

 

自分自身にとって、ダイビングに必要な情報を、ログブックに記入することも、とても重要なことです。

 

まとめ

 

今回はログブックという内容でお話ししましたが、経験本数が増えるとログブックを記入しないというダイバーもいます。

ログブックは、書き続けることによって正確な情報と必要な情報が増えていきます。

ダイビングの経験本数と共に、経験値として書き続けることが大切です。

ログブックは、すべてのダイバーにとって情報を共有する為にも、大事なアイテムです。

この記事を読んで、ログブックを有効活用して、ダイビングを楽しんでくれると嬉しいです。

 

ダイビングライセンスキャンペーン!!!
>

BlueOcean Diving & Dolphinswim

〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-12-7 1F/2F

TEL:03-5927-8977

FAX:03-5927-8987


Contact

 ScubaDiving

 Dolphinswim

 Privacypolicy