8.0→2.8

21歳のときにですね、土肥のビーチでファンダイブをしていて

ビーチで沈船をみていて、戻りはじめてるときに、ひとりの方が

まだもうちょっといたいようなかんじで沈船を見ながらゆっくり泳いでいて。

それでもゆっくり戻り始めていたらですね、

けっこう砂が舞っていてうしろが見えにくかったんですよね。

土肥の砂は舞いやすくて。

見えにくいまま戻りたくないから待っていたら 来なくて、

ん?来ないぞ って思って少し戻ってもいなくて、、

そのままみんなの元に戻ってもやっぱり来てなくて。

そこから水面に上がってもいないし、え!?これは完全にヤバイってめちゃくちゃあせって

みんなは先に水面から戻ってもらって もう一回元のルートで沈船に戻ってもやっぱりいなくて、

通った角度にもいないからこれは完全にロストしたと思って、

水面から ソッコーでサービスに言いにいかなくちゃって水面をスーパーダッシュしてたら

遠くから こうさくーー こうさくーー

ってすっごい呼ばれて、

ゲストのみんながいるのは見えてたんですけど、

とにかくソッコーでサービスの人に伝えなきゃって思っていたらですね、

そのゲストたちの中に ロストしたハズの古尾山さんの姿があって、、、

え!? ってなって、いつ抜かれたのかもわからないままみんなの元にいくと

沈船から戻ろうと思ってたときに 砂がすごくてみえなかったから水面にあがって そこからビーチに戻って、みんなまだ来ないから器材おろして座って待ってた と。

もうね、

そのときまだイントラになって1年ぐらいで もうほんとにコワくて。

水面にいてくれたらわかるんですけど 戻って器材おろして座ってたらそりゃ見えん!

それからもうそれがずっとトラウマになってですね、

水面にあがったら BCDに空気をいれて水面で待ち合わせ って必ず言うようになりました。

そのおかげでいまでも言います。

先に戻ったら水面から見えなくて探しまくるので。

あのときめちゃくちゃ目が良かったから 陸にいる古尾山さんに気がつきましたが

ふつう見えないです。

(ちなみに 余談ですが、

古尾山さんは ブルークリスマスの言い出しダイバーです♪)

最近、

安定の宇多田ヒカル様だけではなく、

西野カナと三浦大知ブームが戻ってきていて音楽が渋滞中、

こんばんは 池田です。

昔に比べればだいぶ落ちてはきましたが、いまでもかなりの目の良さです。

先日の土肥のボート。

泳いでるときにこの根が見えました。

これが見えるってどれだけの視力よ? っていうのは、土肥のボートのときにご自身の目で見てみてください。

なんか・・

イサキの群れか…?? 

すごいでっかいカエルアンコウ??

ってじーーっと見ながらなんかちがうなーーって

すこーし近づいたら でっかい根 でした!

見てください。

この根は迫力あります。

あとカメさんも見ました。

写真に撮っていないですが、カメさん。

いました。

ソフトコーラルきれいです。さかなめっちゃいます。

はぐれないようにちゃんとガイドについていくようにしてください。

深いところに長くいないで水深はあげてください。

伊豆にはまだまだ魅力がたくさんあります。

土肥のボート ぜひ行ってみてください♪

それでは良い週末を!

ダイビングの最新記事8件

>

BlueOcean Diving & Dolphinswim

〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-12-7 1F/2F

TEL:03-5927-8977

FAX:03-5927-8987


Contact

 ScubaDiving

 Dolphinswim

 Privacypolicy